ホーム » トピックス » 広カンラン 苗を植え付け体験(呉市立広南小学校4年生)

 9月5日、呉市立広南小学校4年生21人が広カンラン生産組合の渡邉誠さんの圃場で呉市広地区の伝統野菜「広甘藍」の苗、約300本を植え付けました。

 この体験学習は、食農教育の一環として、伝統野菜「広甘藍」を子供たちに知ってもらおうと呉市と広カンラン生産組合、JA呉が協力して行っています。

 児童たちは、生産者の皆さんに手伝ってもらいながら、苗を植え付けた後、協力して防虫ネットで苗を覆いました。植え付けを終えた児童は「甘いキャベツを食べるのが楽しみ」「大きく成長してほしい」と笑顔で話しました。

 生産者の渡邉さんは「定植から収穫できるまでの過程を理解して農業の大変さ喜びを子供たちに実感してもらいたい」とにこやかでした。

 児童たちは、12月に収穫し、販売も体験する予定です。

植え付け方法を教えてもらいました。

生産者の皆さんに教えてもらいながら、300本の苗を植え付けました。

植え付けた後は、皆で防虫ネットを張りました。